Whiteで見た世界

このブログはWhiteで私が見たNEWSのことを書いています。

 

幸せだったあのときを思い出すために。

 

f:id:msdoO:20180628221310j:image

 

 

私の記憶と当時書いてた日記とか携帯のメモを見ながら書いてるから少しおかしいところもあると思いますが、、ごめんなさい( ;  ; )

 


最初は小山さん。

小山さんはWhiteの中でって言うより今までの中で1番印象に残ってることがあって。

それが小山さんの誕生日公演のときです。


最初MC始まったとき他の3人はお誕生日をお祝いする感じを全然出してなくて、、笑

確か小山さんが増田くんに「さくらガールの文字、小山じゃないの~!」って言ってて、「期待してたのに~!!」ってすごいかわいい顔で言ってた記憶がすごくあります。


増田くんなんて書いてたんだろう、、

肝心なとこ記憶にないんだよな~笑

私の記憶力ほんとにミジンコ以下だから笑

多分ほんとに多分、メンバーの名前書いてた記憶がある、、ほんとに多分ね笑


そこからも全然お誕生日の話しなくて、ほんとにこれお祝いしないのかな?って思ってました笑

小山さん途中からなんかソワソワしてた記憶がめっちゃあります。


でもちゃんとお祝いありました。(当たり前)

Happy Birthdayが流れてケーキも出てきてみんなでお祝いしました。

会報の写真も撮ったな~、、懐かしい。

なんかね小山さんがケーキ食べる前に手越さんがケーキ食べちゃってた笑

それでワチャワチャ4人で楽しそうにしてて、、

この流れで終わりかと思ってたら、メンバーからのビデオレターのプレゼントがあって、それ見てるときの小山さんすごく幸せそうだった。


私が1番印象に残ってるのはこの時の小山さんです。

目をキラキラさせて、顔にタオル当てて嬉しそうにモニター見てました。

すごい幸せそうに見てて、少しうるうるしながら、、。

会場のファンの人とメンバーを嬉しそうに見てたな~、、

あの小山さんは私が今まで見てきた中で1番って言ってもいいぐらい幸せそうでした。

ずっとずっと忘れられない小山さんの表情です。


最後にこのビデオレターのDVDを小山さんにプレゼントしてて、ケースにたくさんメッセージ書かれてました。

それ受け取ったときのあの嬉しそうな顔も忘れられません。

 

f:id:msdoO:20180628221329j:image

 

 

(DVDになってないからそのときの画像がなくて、、私のWhiteで好きな小山さんの画像にしました。)


ほんとになんでこれDVDに入れてくれなかったのか不思議で仕方がない。

ビデオレターでHappy Birthdayを小山さんver.に替え歌にしてたりとか、手越さんのモノマネとかめっちゃ面白かったのに~

いつかまた見たいからDVDにしてください!!(無理)

 

 


次はシゲ。

シゲはもう断トツでバタフライのときの表情がずっとずっと残ってます。

バタフライの時の出だしの 


「瞳をそっと閉じて あなたをずっと探すよ

私の心を舞う蝶」


のところで目を閉じて自分の胸に手を当てて切ない表情で歌っていました。

切ない?儚い?ここら辺の言葉が似合うかな~と、、


「私の心を舞う蝶」のところは胸から手を離して空に差し出すようにしてました。


(これは私の当時の携帯のメモのところに残ってました。そんな記憶もあるな~ってこれを書いてて懐かしく思いました。)


ここの歌詞を歌うのがシゲなのはきっと必然だったんだろうなと思うぐらい、歌詞とメロディーと、そしてシゲの姿は全て綺麗に合わさっていました。


綺麗だったな~、、

「美しい」って言葉が1番似合う気がする、、

バタフライの時は誰よりもシゲを見てしまいます。


なんて言うんだろ~、、


私の中のバタフライのイメージがあって、、そのイメージに近い、というか私のイメージそのままがシゲの歌ってるあの姿で、、


バタフライを歌ってるシゲはメンバーの中で1番輝いて見えるというか、、


シゲの仕草1つ1つがバタフライの演出になるぐらいの綺麗さで、、


バタフライという作品はシゲの仕草が合わさることで完成するって私は思うぐらい、、


当時Whiteのライブで見たときに、うわぁ~私が思っているバタフライはこれだ、、ってなったことを覚えています。


WhiteのDVDでバタフライを見るときもあのシゲの表情が儚くて、美しくて、、

悲しさの中にも優しい顔のシゲがいて、、

恋をしていて大好きな人を想っているようなそんな表情、、。


語彙力なくて伝わらない、、笑


でもほんとにバタフライのイメージとシゲが合わさって、、

何回も何回も見たくなります。

Whiteで1番印象に残っているシゲの姿はこのバタフライのときです。

 

f:id:msdoO:20180628221422j:image

 

 

 

次は手越さん。

手越さんはね、もう登場のシーンがずっとずっと残ってるんです。


当時もDVDを見る今もWhiteで4人が登場してくるシーンはいつも美しい恋にするよの登場シーンと重なって、、

鳥肌が立つんです。

不安そうに登場した4人だったのに、Whiteでは強く強く未来を見据えてる4人がいて、その強さに鳥肌が立った、、


その中でも1番強さを感じたのが手越さんでした。

とても近くで見ていたわけじゃないのに、4人の眼差しが強いのがわかって、、


なんだろう、、あの強さ、、


私の中ではWhiteの手越さんは全体的にかわいいの要素が多いように感じていて。

うん、かわいいですよね笑


なのに登場してきたときは、、、

あのスモークと暗闇の中から登場してきた手越さんには強さとかっこよさしかありませんでした。


そして始まったMR.WHITE

たくさんのライトに照らされて出てきた4人は、、手越さんは強く強く前だけを見てました。


手越さんが雑誌で「俺がNEWSの盾になる」って言っていて、、多分Whiteのライブが終わった後の雑誌で言ってたんだよね。

Myojoのインタビューかな、、。


それ読んだときに、「あ、、。」って思いました。

私が感じた強さはこれだったのかなって。


まさしくあのときの手越さんはNEWSの先頭で盾になると言う意思と強さがあった、、。


あのときあの瞬間に手越さんの強さをこの目で見れたことがとても嬉しく思います。

 

f:id:msdoO:20180628221440j:image

 

 

 

最後に増田くん。

増田くんは選べないな~笑

Whiteの増田くんはどこを切り取っも素敵なんだもん、、

選べって言う方が酷だよ、、笑

うーん、、ほんとに悩むな、、

 

 

増田くんは選べない!!笑

全部全部全部が印象に残ってる。


それに私の語彙力で表すことが到底無理な気がするんだな~笑

 


うーん、、悩みます。

ほんとにどの瞬間も増田くんの表情は頭の中に残ってて、、

 

 

 

 


さくらガール、、。

さくらガールかな、、

Whiteのさくらガールはどれも一生忘れられない。


ピンクに染まる中、私の大好きな人が踊る姿は絵本の世界の1ページのようで。

絵本を開くときのあのドキドキと言うか、特別な不思議な世界が待っている感覚、、あの感覚に陥りました。

春の暖かい陽だまりの中にいるようなそんな気持ちになりました。


でもそこにさくらガールの歌詞と大好きな人の優しくてどこか寂しげな、心地よい声が合わさると絵本じゃなくて物語や小説になるような感覚があって、、


私の中で絵本って文と言うより絵がメインで。

だからピンクの世界が広がる中、踊っている増田くんは絵本の世界にいるような、たくさんの夢を与えてくれる幸せな存在。


物語や小説は絵がないものもあり文がメインで。

さくらガールの歌詞と増田くんの歌声が合わさると聞こえてくる『文』が私の中にはあって。

心地よい歌声と優しく包み込んでくれる大好きな声。

でも訴えかけてくる悲しさ、儚さ、寂しさ。

一冊の小説を読んでいる感覚になります。


その2つが合わさるとあのWhiteのさくらガールの世界が作り上がる感覚があって。


当時はただただこの綺麗な世界を、増田くんを心に残しておきたくてずっと見つめていました。


絵本の世界も物語や小説の世界も現実にいる私は踏み入ることのできない世界で。

触れたらそのお話が終わってしまう。

だから私はただただ心に残しておきたくてずっと大好きな人を見つめていました。


歌っている増田くんを見つめて当時私は泣いていました。

消えてしまいそうで、、

増田くんの周りを舞う桜の花吹雪のように突然綺麗に舞って私の前からいなくなってしまいそうで、、


でもそれだけじゃなくて、触れてはいけないお話の世界に少し入った感覚もあって増田くんが近くに感じて。

いつもは遠いのに近くに感じて、その嬉しさにも泣いてしまいました。


さくらガールを選んだのには大きな理由があって。 


大阪の2日目の夜公演。

だから2015年5月2日ですね。


このときのさくらガールを歌う増田くんがほんとに忘れられなくて。

さくらガールで増田くんが


「さくらのような 君でした 春のような 恋でした

いつまでも 続いてゆくと そんな気がしてた」


と歌うところ。

いつも少し苦しそうに、悲しそうに歌うのに、、歌い終わった後も悲しい表情をするのに、、この日の公演はすごく優しい顔で歌ってて、、ここの部分を歌い終わったあと少しだけどあの優しい笑顔を見せてて。

それを見たあのときからこの増田くんはずっとずっと私の中に残っています。

きっとこれからもあの表情の増田くんもその表情の増田くんを包んだライトも何もかも忘れることはなくて、私の中にずっとずっと残るだろうな〜って思います。

 

f:id:msdoO:20180628221511j:image

 

 

Whiteの全てはずっとずっとずっと残って、私の中では永遠に続いていく物語です。

 


うーんやっぱり私は語彙力がないから伝わらない、、笑

ほんとにごめんなさい( ;  ; )

読んでくれたみなさんに少しでも伝わっていたら嬉しいな~、、。

ほんとに最後まで読んでくれてありがとうこざいました。

 


また素敵な世界を見せてね。

そして幸せになってね。

あなたたちの幸せな未来を願っています。