Whiteで見た世界

このブログはWhiteで私が見たNEWSのことを書いています。

 

幸せだったあのときを思い出すために。

 

f:id:msdoO:20180628221310j:image

 

 

私の記憶と当時書いてた日記とか携帯のメモを見ながら書いてるから少しおかしいところもあると思いますが、、ごめんなさい( ;  ; )

 


最初は小山さん。

小山さんはWhiteの中でって言うより今までの中で1番印象に残ってることがあって。

それが小山さんの誕生日公演のときです。


最初MC始まったとき他の3人はお誕生日をお祝いする感じを全然出してなくて、、笑

確か小山さんが増田くんに「さくらガールの文字、小山じゃないの~!」って言ってて、「期待してたのに~!!」ってすごいかわいい顔で言ってた記憶がすごくあります。


増田くんなんて書いてたんだろう、、

肝心なとこ記憶にないんだよな~笑

私の記憶力ほんとにミジンコ以下だから笑

多分ほんとに多分、メンバーの名前書いてた記憶がある、、ほんとに多分ね笑


そこからも全然お誕生日の話しなくて、ほんとにこれお祝いしないのかな?って思ってました笑

小山さん途中からなんかソワソワしてた記憶がめっちゃあります。


でもちゃんとお祝いありました。(当たり前)

Happy Birthdayが流れてケーキも出てきてみんなでお祝いしました。

会報の写真も撮ったな~、、懐かしい。

なんかね小山さんがケーキ食べる前に手越さんがケーキ食べちゃってた笑

それでワチャワチャ4人で楽しそうにしてて、、

この流れで終わりかと思ってたら、メンバーからのビデオレターのプレゼントがあって、それ見てるときの小山さんすごく幸せそうだった。


私が1番印象に残ってるのはこの時の小山さんです。

目をキラキラさせて、顔にタオル当てて嬉しそうにモニター見てました。

すごい幸せそうに見てて、少しうるうるしながら、、。

会場のファンの人とメンバーを嬉しそうに見てたな~、、

あの小山さんは私が今まで見てきた中で1番って言ってもいいぐらい幸せそうでした。

ずっとずっと忘れられない小山さんの表情です。


最後にこのビデオレターのDVDを小山さんにプレゼントしてて、ケースにたくさんメッセージ書かれてました。

それ受け取ったときのあの嬉しそうな顔も忘れられません。

 

f:id:msdoO:20180628221329j:image

 

 

(DVDになってないからそのときの画像がなくて、、私のWhiteで好きな小山さんの画像にしました。)


ほんとになんでこれDVDに入れてくれなかったのか不思議で仕方がない。

ビデオレターでHappy Birthdayを小山さんver.に替え歌にしてたりとか、手越さんのモノマネとかめっちゃ面白かったのに~

いつかまた見たいからDVDにしてください!!(無理)

 

 


次はシゲ。

シゲはもう断トツでバタフライのときの表情がずっとずっと残ってます。

バタフライの時の出だしの 


「瞳をそっと閉じて あなたをずっと探すよ

私の心を舞う蝶」


のところで目を閉じて自分の胸に手を当てて切ない表情で歌っていました。

切ない?儚い?ここら辺の言葉が似合うかな~と、、


「私の心を舞う蝶」のところは胸から手を離して空に差し出すようにしてました。


(これは私の当時の携帯のメモのところに残ってました。そんな記憶もあるな~ってこれを書いてて懐かしく思いました。)


ここの歌詞を歌うのがシゲなのはきっと必然だったんだろうなと思うぐらい、歌詞とメロディーと、そしてシゲの姿は全て綺麗に合わさっていました。


綺麗だったな~、、

「美しい」って言葉が1番似合う気がする、、

バタフライの時は誰よりもシゲを見てしまいます。


なんて言うんだろ~、、


私の中のバタフライのイメージがあって、、そのイメージに近い、というか私のイメージそのままがシゲの歌ってるあの姿で、、


バタフライを歌ってるシゲはメンバーの中で1番輝いて見えるというか、、


シゲの仕草1つ1つがバタフライの演出になるぐらいの綺麗さで、、


バタフライという作品はシゲの仕草が合わさることで完成するって私は思うぐらい、、


当時Whiteのライブで見たときに、うわぁ~私が思っているバタフライはこれだ、、ってなったことを覚えています。


WhiteのDVDでバタフライを見るときもあのシゲの表情が儚くて、美しくて、、

悲しさの中にも優しい顔のシゲがいて、、

恋をしていて大好きな人を想っているようなそんな表情、、。


語彙力なくて伝わらない、、笑


でもほんとにバタフライのイメージとシゲが合わさって、、

何回も何回も見たくなります。

Whiteで1番印象に残っているシゲの姿はこのバタフライのときです。

 

f:id:msdoO:20180628221422j:image

 

 

 

次は手越さん。

手越さんはね、もう登場のシーンがずっとずっと残ってるんです。


当時もDVDを見る今もWhiteで4人が登場してくるシーンはいつも美しい恋にするよの登場シーンと重なって、、

鳥肌が立つんです。

不安そうに登場した4人だったのに、Whiteでは強く強く未来を見据えてる4人がいて、その強さに鳥肌が立った、、


その中でも1番強さを感じたのが手越さんでした。

とても近くで見ていたわけじゃないのに、4人の眼差しが強いのがわかって、、


なんだろう、、あの強さ、、


私の中ではWhiteの手越さんは全体的にかわいいの要素が多いように感じていて。

うん、かわいいですよね笑


なのに登場してきたときは、、、

あのスモークと暗闇の中から登場してきた手越さんには強さとかっこよさしかありませんでした。


そして始まったMR.WHITE

たくさんのライトに照らされて出てきた4人は、、手越さんは強く強く前だけを見てました。


手越さんが雑誌で「俺がNEWSの盾になる」って言っていて、、多分Whiteのライブが終わった後の雑誌で言ってたんだよね。

Myojoのインタビューかな、、。


それ読んだときに、「あ、、。」って思いました。

私が感じた強さはこれだったのかなって。


まさしくあのときの手越さんはNEWSの先頭で盾になると言う意思と強さがあった、、。


あのときあの瞬間に手越さんの強さをこの目で見れたことがとても嬉しく思います。

 

f:id:msdoO:20180628221440j:image

 

 

 

最後に増田くん。

増田くんは選べないな~笑

Whiteの増田くんはどこを切り取っも素敵なんだもん、、

選べって言う方が酷だよ、、笑

うーん、、ほんとに悩むな、、

 

 

増田くんは選べない!!笑

全部全部全部が印象に残ってる。


それに私の語彙力で表すことが到底無理な気がするんだな~笑

 


うーん、、悩みます。

ほんとにどの瞬間も増田くんの表情は頭の中に残ってて、、

 

 

 

 


さくらガール、、。

さくらガールかな、、

Whiteのさくらガールはどれも一生忘れられない。


ピンクに染まる中、私の大好きな人が踊る姿は絵本の世界の1ページのようで。

絵本を開くときのあのドキドキと言うか、特別な不思議な世界が待っている感覚、、あの感覚に陥りました。

春の暖かい陽だまりの中にいるようなそんな気持ちになりました。


でもそこにさくらガールの歌詞と大好きな人の優しくてどこか寂しげな、心地よい声が合わさると絵本じゃなくて物語や小説になるような感覚があって、、


私の中で絵本って文と言うより絵がメインで。

だからピンクの世界が広がる中、踊っている増田くんは絵本の世界にいるような、たくさんの夢を与えてくれる幸せな存在。


物語や小説は絵がないものもあり文がメインで。

さくらガールの歌詞と増田くんの歌声が合わさると聞こえてくる『文』が私の中にはあって。

心地よい歌声と優しく包み込んでくれる大好きな声。

でも訴えかけてくる悲しさ、儚さ、寂しさ。

一冊の小説を読んでいる感覚になります。


その2つが合わさるとあのWhiteのさくらガールの世界が作り上がる感覚があって。


当時はただただこの綺麗な世界を、増田くんを心に残しておきたくてずっと見つめていました。


絵本の世界も物語や小説の世界も現実にいる私は踏み入ることのできない世界で。

触れたらそのお話が終わってしまう。

だから私はただただ心に残しておきたくてずっと大好きな人を見つめていました。


歌っている増田くんを見つめて当時私は泣いていました。

消えてしまいそうで、、

増田くんの周りを舞う桜の花吹雪のように突然綺麗に舞って私の前からいなくなってしまいそうで、、


でもそれだけじゃなくて、触れてはいけないお話の世界に少し入った感覚もあって増田くんが近くに感じて。

いつもは遠いのに近くに感じて、その嬉しさにも泣いてしまいました。


さくらガールを選んだのには大きな理由があって。 


大阪の2日目の夜公演。

だから2015年5月2日ですね。


このときのさくらガールを歌う増田くんがほんとに忘れられなくて。

さくらガールで増田くんが


「さくらのような 君でした 春のような 恋でした

いつまでも 続いてゆくと そんな気がしてた」


と歌うところ。

いつも少し苦しそうに、悲しそうに歌うのに、、歌い終わった後も悲しい表情をするのに、、この日の公演はすごく優しい顔で歌ってて、、ここの部分を歌い終わったあと少しだけどあの優しい笑顔を見せてて。

それを見たあのときからこの増田くんはずっとずっと私の中に残っています。

きっとこれからもあの表情の増田くんもその表情の増田くんを包んだライトも何もかも忘れることはなくて、私の中にずっとずっと残るだろうな〜って思います。

 

f:id:msdoO:20180628221511j:image

 

 

Whiteの全てはずっとずっとずっと残って、私の中では永遠に続いていく物語です。

 


うーんやっぱり私は語彙力がないから伝わらない、、笑

ほんとにごめんなさい( ;  ; )

読んでくれたみなさんに少しでも伝わっていたら嬉しいな~、、。

ほんとに最後まで読んでくれてありがとうこざいました。

 


また素敵な世界を見せてね。

そして幸せになってね。

あなたたちの幸せな未来を願っています。

真っ白な世界からはじめようー

 

初めてブログと言うものを書くので大変緊張しております、、笑

 


なんで書こうと思ったの?って聞かれたら答えるの難しいけど、今ここの文を書いてる段階では色々大変なことが起こってる時期な訳です、、

書き終わったときはどうなってるんだろ、、

私はこれを書き終わったときどんな気持ちでいるんだろう、、分からないな、、

 

今起こってる辛いことを忘れたくて、ただただ幸せで楽しくて大好きだったときを思い出したくて、そのことだけで頭の中を埋めたくて、今起こってることから「逃げる」ため、今起こってることを「忘れるため」にも書いています。

 

この文書いてるときも色々な不安に襲われてるけど、そんな今だから書きたいこともあるわけで、、だから書こうと思ったのも理由の1つです。

 

そもそもこれいつ書き終わる?笑

まぁ、気長にゆっくり書いていこうと思います笑

 


今回書こうと思った内容は私の大好きなWhiteについてです。

私と仲良くしてくれてる方は私がWhite好きなの知ってくれてる方が多いと思いますが、

Whiteで感じたこと、好きな理由とかを書いていけたらな~と、、

でもきっとたくさん話が逸れています、、

どうかお付き合いください笑

 


私がNEWSの初めてのライブに行ったのはNEWSがまだ6人時代のときの『LIVE!LIVE!LIVE! NEWS DOME PARTY 2010』でした。

私は当時まだ小学生。

このときは失礼ながらNEWSに興味は全くなくて、親戚のお姉ちゃんの付き添いで行きました。

(このお姉ちゃんは私が最もオタクで尊敬していて大好きで増田くんがデビューする前から応援してた方なんです)

そしたらまぁなんと見事にNEWSの、そして増田くんの深~い深~い沼にドボンしてしまいまして、、今に至ります。

だいぶはしょったな!って思ったでしょ?笑

私も思います笑

でも全部書くと長くなってみなさん飽きちゃうと思うから、、笑

でも少しだけ書くから読んでください!

(どっちだよってツッコミまってます笑)

 


初めて見たNEWSはキラキラしてて、かっこよくて小学生の私にはよくわからなかったって言うのが正直な感想で、、笑

そんな中でも1番覚えていることは増田くんがかっこよかったと言うことです!!

 

NEWSはこのあと山Pと錦戸くんが抜けて6人から4人になって、、

当時の私でも悲しいって思ったことは覚えいます。

 


そして待ちに待った4人での再始動。

このタイミングでお小遣いとか貯めてたお年玉でファンクラブ入って、チャンカパーナも買いました。

当時の私!よくお金貯めて頑張ったなと褒めてやりたい。

ピーチクラブで買いたいものもたくさんあっただろうによく我慢した、、褒めてやるよ、、(懐かしのピーチクラブ、、)

 


そして私は

『NEWS LIVE TOUR 2012 ~美しい恋にするよ~』

『NEWS LIVE TOUR 2013 NEWS MAKES YOU HAPPY! MAKES THE WORLD HAPPIER!』

のライブに行くことができました。

ここで思い出書こうと思ったけど書いてるとこれWhiteに辿り着くの多分5年後とかになるからさすがにまたの機会に書きたいと思います!!

その時はぜひ読んでください!(宣伝)

 


でもね、この次のライブのWhiteがあるまでが長かった、、。

2014年。

この年はライブがなかったんです。

シングルも1枚だけ。アルバムは出ず。

今思い出してもこの年は辛かったな~と。

音楽番組出て、他のグループが新曲を歌ってる中NEWSはずっとONE -for the win-だった、、。

メディアに出る機会も少なくて、毎月出る雑誌だけを楽しみこの年は乗り気りました。

この1年があったからWhiteが好き!って言うのも少なからずあるだろうなとは思ってます。

 


さぁやっと本題に入ります!!

この1年を乗り気って、私の大好きな大好きな

『NEWS LIVE TOUR 2015 White』

のライブがありました。

あぁ久しぶりにNEWSに会える、、増田くんに会える、、当時の私はこの嬉しさで溢れていました。

申し込みからあんなに緊張したのはWhiteが初めてだった気がします。

当時は先払いだったからお金頑張って貯めたよ、私、、頑張ったな、、

そして無事に当選してライブ行けることになりました。

何箇所か行かせてもらいましたが、その中でも私が1番思い出で溢れてるのが東京ドームの最終日、Whiteのライブの最終日、いわゆるオーラスってやつです。

これもお姉ちゃんと行きました。

みなさん、こっからまた長くなるので覚悟してください笑

 


Whiteで私が好きなところは世界観、演出、セトリ、MC、衣装、グッズ、メンバーの表情、、もう全てが大好きなんです。

もうWhiteのこの部分が好き!って感じではなくてWhiteの全てが大好きなんです。

全部書くとみなさんが飽きちゃうと思うので絞って書いていきます!笑

 


Whiteのライブは最初、歌詞にもなってるように真っ白な世界から始まりました。

アルバムのDVDになったあのドラマ仕立ての物語を引き継いでるような映像が流れて、エレベーターのようなものに乗ってNEWSが登場します。

白い戦闘服に包まれた4人が登場して、白いスモークが焚かれて、白いたくさんのライトがNEWSの4人を照らして真っ白な世界からスタートしました。

 

f:id:msdoO:20180614024440j:image

 

 

 

私はなぜかそのとき美しい恋にするよのチャンカパーナで登場するときの光景を思い出しました。

お城から王子様のような白い衣装を身にまとい少し不安そうに登場した4人だったのに、今は白い戦闘服を着て強く強く東京ドームと言うステージに立っていて、不安そうな顔なんてちっとも見せず、未来だけを見据えてるような強い4人がそこにいました。その光景と美しい恋にするよのときの光景が重なって全身に鳥肌が立ったことを覚えています。

この文打ってる今も思い出して鳥肌たってきました笑

 

f:id:msdoO:20180614024726j:image

 

 

 

f:id:msdoO:20180614024719p:image

 

 


そのあとBYAKUYAからの流れで白かった世界が黒に染められ、最後は七色に染まるあの演出が最高すぎると思いませんか!!???

黒に染められた世界をNEWSが白に戻し、幸せで溢れる七色にするこの演出。

たまらんです。(語彙力)

そもそもBYAKUYAの4人やばすぎません??

なにあの帝王感、、

最初の歌い出しの増田くんで私の心臓は持ちません。

んが、今思い出しただけで顎外れるぐらいの破壊力。

 

f:id:msdoO:20180614024505j:image

 

 

 

(さぁ、そんな私の顎外れる話は置いといて笑)

東京ドームということもあって、SEVEN CORALS のときには上から七色の風船がたくさん降ってきました。

あの光景は一言で表すと「すごい」でした。

一瞬にして天井が七色に染まる光景を見たことがありますか!???

ないですよね!???(当たり前)

こんなに綺麗な世界があるんだと感じました。

 

f:id:msdoO:20180614024543j:image

 

 

 

f:id:msdoO:20180614024539j:image

 

 

 

f:id:msdoO:20180614024546j:image

 

 

これはDVDを見てから感じたことなんですけど2曲目のONE -for the win-を歌うとき、たくさんの色のライトがNEWSをそして、会場を包みました。

これは白い世界を今から幸せの七色にして行くぞと言う予告だったんじゃないかな〜って感じます。(完全に私の解釈です笑)

 

f:id:msdoO:20180614024607j:image

 

 

 

SEVEN CORALS を歌う4人の姿は、「僕たちについてこい!夢を叶えるために僕たちは諦めない。」そう言われてるようで、歌詞と4人の姿が合わさって、その姿を見てずっと応援しようって改めて自分に言った時間でした。(これを書いてる今も自分に言い聞かせるようにしてる部分もあります。)

 

f:id:msdoO:20180614024622j:image

 

 


ここまでの私の文からだとWhiteは白、黒、七色だけに変わったって思うだろうけど実はそうじゃないんです!!(知ってますよね笑)

 

KAGUYAで妖艶に真っ赤に染まった

(私はKAGUYA–Inter–も好きでジュニアが踊ってるときは不気味に黒に染まってて、、

ここでも黒の世界を感じさせられました。)

f:id:msdoO:20180627102026j:image

 

 

 

新曲のチュムチュムを披露したときに染まった

 

f:id:msdoO:20180614024846j:image

 

 

 

SNOW EXPRESS でどこか悲しげに、冬の夜空のように染まった黒く深い

 

f:id:msdoO:20180614025052j:image

 

 

 

そして私が大好きなさくらガールで染まったピンク

 

f:id:msdoO:20180614025721j:image

 

 

 

どの色もとっても綺麗で、それぞれの色の中で歌い、踊り、ファンの人を笑顔で幸せそうに見る4人の表情はきっと忘れることはできないなと思います。

DVDで何回見てもあのときのことを思い出して、いつもゾワゾワってするんです。


今回はとくに私が大好きなさくらガールについて書こうと思います。

ピンクの衣装を着たNEWSがピンクのライトに照らされいる姿はまさしく「美」でした。

儚く綺麗ってまさしくこのことだと思いました。

4人の周りを舞う桜が綺麗で、でもそんな4人を見てこの桜のように4人も不意に、気づかないうちに、どこかにフワッと舞っていってしまうように、いつか消えてしまうのかな、、いつまでも続いていくと思っているのは私だけなのかな、、儚く綺麗な4人はきっと私が思っているよりも遥かに脆く崩れやすいんだろうなって色々な感情が混ざって私はさくらガールを歌っている4人の姿を見て泣きました。

(私めったに泣かないんです!心が腐ってるのかほんとに泣かない私なのにこの時は泣いてしまったんです。いつも目がうるうるするだけで涙を流すまではいかないのにこのときは自然に涙が溢れてました。)

でも、その感情だけじゃなくていつもは遠くに感じているNEWSなのにさくらガールを歌ってる姿を見たときだけは近くに感じました。

ほんの少しだけだけど近くに感じて、それが嬉しくて、、泣いてるときの感情は自分でもきっと訳が分からなかったと思います。

なんで近くに感じたのかは当時も今も考えても分からないんです。

なんでだろ~って自分でも思います笑

私がWhiteを好きな理由の1つに「近くに感じる」って言うのがあって、近くに感じるのはきっとこのさくらガールの影響も大きいです。

 

f:id:msdoO:20180614025828j:image

 

 

f:id:msdoO:20180614025834j:image

 

 

f:id:msdoO:20180614025831j:image

 

 

f:id:msdoO:20180614025837j:image

 

 

f:id:msdoO:20180614025825j:image

 

 


そして、私はSNOW EXPRESSを歌うときにまだ桜の花吹雪が少しステージに残っていて、その上でどこか悲しげに歌い上げる4人の姿が好きです。

 

f:id:msdoO:20180614025906j:image

 

 

 

青と黒に染まる中、ペンライトの白い光が雪に見えて一気に冬の冷酷な世界にいざなわれた気がしました。

 

f:id:msdoO:20180614030002j:image

 

 

f:id:msdoO:20180614030050j:image

 

 

 

青や黒に染まるSNOW EXPRESSなのに、その下にはピンクの桜の花吹雪があって、、

これは狙った演出じゃないんだろうな~って思うんですけど、まだ淡い期待を抱きながらも互いの幸せな未来を願い違う道に進んだはずなのに、2人は互いに傷つき互いをまた求めてしまいいつのまにか深い深い愛に陥る、、的な想像をしてしまいます。

その流れから繋がるWinter Moon

2人は傷つくことが分かっているのに、その愛を追い求めてしまう。2人に幸せは訪れるのか、、。

暗く寒い冬の夜、2人を包むのはどこか怪しげな月明かりと2人が流した涙を表したかのように降り続ける雪。

2人はこれが本当の幸せではないと気付いていながらもこの暗く寒く、そして冷酷な世界の住人になってしまう。

こう言う想像をできるのもWhiteの大好きなところです。

(妄想が激しすぎてすいません笑)

 


私が色の演出以外に好きなのがWEBLACKを会場のファンみんなで倒す演出とポコポンペコーリャがみんなの手拍子で始まる演出です。

WEBLACKを倒す演出はみんなで手拍子したり、うちわで扇いだり楽しかったな~、、、

ライブと言うよりほんとにゲームしてる見たいな感覚でした笑

白から黒の世界になり、また白に戻すためにはNEWSだけじゃなくて会場にいるファンのみんなの力も必要でみんなで白に戻そう!って感じの演出が好きでした。

(完全に私の解釈です笑)

 


ポコポンペコーリャはうちわもペンライトもみんながイスにおいて手拍子だけに集中してそこに4人の声が合わさって、、

「あ、今私NEWSの4人と一緒に音楽作ってるんだ~!」って幸せな気持ちになってました。

だって、東京ドームと言うあの大きな会場のみんなが手拍子をして最初はみんなバラバラだったのに段々と揃ってきてそこに4人の歌声が乗っかって綺麗なハーモニーが生まれてて、、「なにこれ!すごい!!」ってなりますよね笑

それにブリブリにブリっ子演じてる増田くんが可愛かった、、当時もDVDを見てる時もWhiteのポコポンペコーリャの増田くんにはいつも

「駄菓子買ってあげようか?なにがいい?もう買ってあげるから選んで❤︎」って言う謎の感情が出てきます笑

(怖いよね気持ち悪いよね分かってます笑)

だって可愛かったんだもん、、笑

NEVERLANDでポコポンペコーリャのときの魔法で眠くなっちゃう演出のときに、私の頭の中で完全にWhiteのブリブリにブリっ子演じてる増田くんを思い出して1人でニヤニヤしてました笑

増田くんの可愛さ爆発、あざとさ爆発、歌ってる口元の可愛さ爆発。

そして私の気持ち悪さ爆発する曲ですね笑

 


あとWhiteの演出で忘れてはいけないのが裏でカメラが入って4人のワチャワチャが見れるアレ!!!!(語彙力)

とにかく可愛いなにあれ!!???

まずweeeekに入る前に増田くんが1人で裏にいてハッピーターン食べてるの可愛い。

食べ方可愛い。

袋がでかいの?増田くんが小さいの?

とにかく可愛い。ハッピーターン送ってあげたい。(ほんとに怖いからやめな)

そして手についた粉払って、カメラにweeeekって書いて曲が始まるのが好きです。

あんなのテニスで錦織くんがカメラにサインするときにしか見たことないよ!?ってなってました笑

 


そして、アンコールのWhite Love Storyに入る前に4人でのワチャワチャ、、

可愛い。

小さいヤンチャなワンコがくっついて遊んでる的な可愛さありませんか???

(子犬じゃなくてワンコって表現の方が合ってる気がする、、この微妙な違い、、笑)

私はこの表現があの4人の可愛さ表すときに1番似ていると感じてます。

いや、もっと上手に表現できる言い方とかあるんだろうけど私の語彙力では伝えられない、、笑

語彙力の素晴らしい方、ぜひここのNEWSの可愛さを上手に表してください笑

 

4人のワチャワチャと言えばMCですよね!!

書こうと思ったけど私が書くと、かわいいの連発で何言いたいか分からなくなりそうだし、MCのこと書き出したらキリがないし、きっとみなさんWhiteのMCの4人のかわいさをきっと知ってるだろうから今回はやめときます笑

 


そして、忘れてはならないのがWhiteのグッズ。

私は特にパンフレットが好きで何回も何回も見ました。

パンフレットにはアルバムについてたドラマの細かい解説や、Whiteの世界観など詰め込まれててパンフレットもライブの一部だな~ってすごく感じました。

特に大好きなのが最後のページで4人が落書きを顔にしあった楽しそうな笑顔で、「Whenever,Wherever,We’re With you」

と言う言葉とともに写っているページです。

あの言葉に当時も今もたくさん救われています。

 


ここで少し私のアホすぎるお話。

5月1日の大阪公演、そう小山さんの誕生日公演のときです。

3人が事前に撮った小山さんの誕生日を祝う映像が流れて笑っていたときに一緒に入ってた子がポンポンってしてきて「服、逆じゃん!!笑」って言われたんです笑

その日はツアーTを着ていたのですが、なんと私前と後ろ逆に着てたんですね~

だから首が苦しかったんですね笑

自分がアホすぎて笑えてきました、、

あまりツアーTを着てライブに行くことはないんですけど、その日たまたま着たらまさかの前と後ろ逆って私はきっとツアーTとの相性が悪いんでしょう、、笑

 

(え?てかなんでこの誕生日公演をDVDに入れてくれなかったの〜( ;  ; )

もうあのHappy Birthdayの替え歌は幻になってしまった、、

みんなすごく楽しそうで、幸せそうな空間だったし、なにより誕生日のビデオレターが面白かったし、それを会場で見てる4人とってもキラキラしてた、、)

 

スリッパも買ったんですけど、白いから汚れるのがイヤで袋から出してすらいません笑

使える日くるかな、、?

多分使わずに真っ白のまま置いとくんだろうな~

だって、ポーチを筆箱がわりにしちゃって汚してしまったからスリッパは同じようにしたくないんです!!!笑

全体的にグッズが白いから汚れないようにしないとね笑

でも安心してくだい、私ポーチ3つ買いました。

なんならタオルも汚すだろうなと思って2枚買いました。

安心です笑

 


ここまでつらつらと長く書いてきましたが、まだまだ書き足りません。

もっともっとWhiteにはたくさんの魅力が詰まってて一瞬一瞬、どの瞬間も大好きです。

これを読んでくれたみなさんに少しでも私が感じてるWhiteの魅力が伝わってたら嬉しいな~と感じています。

 

Whiteはライブが終わるときに画面に「MISSION COMPLETE 」って大きく映し出されます。

でも、私の中では永遠にCOMPLETEしないな〜って思います。

だって、White終わらせたくないんだもん!笑

Whiteのライブ見て1番悲しくなるのはこの文字を見て、「もう終わってるのか〜」ってなる謎の現象が毎回毎回起こるときです、、笑

 

f:id:msdoO:20180627103240j:image

 

 

 

私はWhiteを見るときは必ず最初から最後までどこも戻さず、とばさず1つの物語を見るようにして見ています。

こんなにも幸せでたくさんの愛をくれて、笑顔にしてくれる物語はないなとつくづく思います。

私はきっと何年経ってもこのWhiteと言う物語を見続け、そして愛し続けます。

(ポエマーかよって突っ込んでください笑)

 

 

 

 

 

 

 

ちょうどここまで書いたときに悲しいお知らせが入ってきました。
これを書いている間にたくさんのことが報道されました。

 

これを書き始めたのが5月の末でした。

そして6月7日のこの日を迎えました。

ほんとはこれを6月14日に投稿したかったんです。

3年前の6月14日はWhiteのオーラスの日だったから、、。

 

でもこれをいつ投稿するか分からないし、今これを読んでくれているみなさんが何を感じているのか、これを投稿しているときNEWSはどうなっているか全くわかりません。

最初はこれを書き終わる頃に私はどう思っているのかな、答えはでるのかなってたくさんたくさん悩んで書いていました。

結局書き終わっても何も分かりませんでした。

 

増田くんは幸せになれますか。

増田くんの想いは、努力は報われますか。

増田くんが居る世界を私は見続けられることができますか。

この答えは誰も教えてくれなくて、私には分からなくて結局は増田くんの幸せを願うことしかできません。

私はやっぱり増田くんのことが大好きで増田担だし盲目すぎるぐらいだからこうやってどうしても増田くんのことばっかり考えてしまいます。

そして今回のことも増田くんの気持ちを考えると、とても悔しい。

増田くんがNEWSのためにやってきた衣装や打ち合わせも、他の全ての頑張りも1人で孤独にやってきたのかなとか想像してしまって悲しくて苦しくなってきます。

こうやって増田くんは〜とか言うことでまた増田くんを苦しめてしまうのも抱え込ませてしまっているのも分かっているけどやっぱり思ってしまう。

増田くんの負担が増えてしまうことも分かっているけどそれでも思ってしまう。

今、こうしてたくさんのことに苦しめられている増田くんには居場所があるのか、、

私は増田くんにただただ「ありがとう」とたくさん伝えたい。

 

今のここを書いている段階で私はこの報道を受けての増田くんを見ていないから何を考えているのかも表情も分かりません。

笑顔でいる増田くんも、このことについて何か触れる増田くんを見るのもどっちも辛いです。

 

 

こうやってWhiteのことを書いてきたけど、大好きなWhiteのことを書いているはずなの辛くて悲しくて、

私の大好きだった頃のNEWSはもう居ない

と現実を突きつけられた気分でした。

「Whiteのときが1番好きなNEWSだった」と過去形になってしまう今が辛いです。

純粋に好きだったWhiteがいつのまにかWhiteのときが1番好きだったから、言葉が悪くなってしまうけどWhiteのときのNEWSが1番ましだったからと言う理由に変わってしまっているのかも知れないと言う現実があって辛いです。

 

でもあのとき幸せで楽しくて、あんなにたくさんの人を笑顔にして幸せな顔をしていた4人の姿を忘れることなんてできないし、嘘だとも思えない自分もいます。

あのときはたしかに私はたくさんの幸せで溢れていたし、Whiteだけでなく私が行ったライブ全てで4人は幸せをくれて、笑顔にしてくれました。

今回のEPCOTIAでも。

それは私にとっては変わらない事実です。

 

 

私がまたWhiteを純粋に好きと言える日は来ますか、、。

あのとき以上に幸せそうにしている増田くんを、NEWSを見れる日は来ますか、、。

 

またあのときの幸せをもう一度、、

 

私はただずっと増田くんの幸せを、そして大好きなあなたたちの未来を願っています。

 

これを読んで不快に思う方もたくさんいたと思います。

ごめんなさい。
最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

f:id:msdoO:20180607223658j:image